飲食店コンサルタントがプロデュースする飲食店経営・開業マニュアル

アドセンスマン神村・マスターへの道
アドセンスノウハウ研究をしている神村茂です。
アドセンスの教材の紹介を行っています
連絡先:adokamishige@ヤフー.co.jp
(ヤフーはyahooに変えてください)

検索


NEW!

>1から始めてアドセンス収入を手にするまで
30日間無料お試しつき



上の教材とセットで!
儲かるキーワード&文章
文章30%変更でそのまま使用可能
30日無料お試しつき



飲食店コンサルタントがプロデュースする飲食店経営・開業マニュアル

アドセンスや楽天アフィリで稼ぐにはブログの大量生産にかかっています。










飲食店コンサルタントがプロデュースする飲食店経営・開業マニュアル

































































ローリスクハイリターンで飲食店を経営・開業し幸せな人生を送り始めるあなたへ・・・



はじめまして。飲食店再生事業をしている、かくし味 代表 永野暁夫と申します。

突然ですが









●いつまでも人に使われる人生。自分にはもっと別な才能があるんじゃないのか?自分の人生ってこのままでいいのかな・・・。



●売掛金の回収に悩むことなく、値切り交渉もされない業種で、しかも日銭で入る事業を何か始めたいけどどんな業種がいいのか・・・。







と悩んだことはありませんか?





私を全くご存じない方もいらっしゃるかと思いますので、こちらでわたしの過去の大失敗から学んだことや

この商品の一部を公開しております。





お名前









フリガナ









E-Mail ※









郵便番号









都道府県







北海道

青森県

岩手県

宮城県

秋田県

山形県

福島県

茨城県

栃木県

群馬県

埼玉県

千葉県

東京都

神奈川県

山梨県

長野県

新潟県

富山県

石川県

福井県

岐阜県

静岡県

愛知県

三重県

滋賀県

京都府

大阪府

兵庫県

奈良県

和歌山県

鳥取県

島根県

岡山県

広島県

山口県

徳島県

香川県

愛媛県

高知県

福岡県

佐賀県

長崎県

熊本県

大分県

宮崎県

鹿児島県

沖縄県

その他

不明









住所





























世の中の多くの男性は前者で悩み続け、経営者になった男性は後者で悩み続けるものです。



男性の多くは一度社会に出てしまえば、死ぬまで働く運命です。

家族のため、それが老いては孫のために働いて収入を得るのが生きがいになってきますが、ですがそれで本当にいいのだろうか・・・?と何度も見えない壁にぶつかるものです。



会社を辞めて何をやりたいかという答えが見つからないので、辞めるきっかけもなくだらだらと働く、それが現実なんです。

それは当り前の話ですよね。



多分、多くの男性はそんな悩みにぶつかった時、有名な経営者の本や自己啓発本などを読みあさり、自分にも何かそんな才能があるんじゃないだろうか・・・と、誰でも一度は有名な上場企業の社長を夢見るものです。





ですが実際は安定収入がないことが不安で、会社も辞めずに夢を諦めるのが現状だと思うのです。

家族に貧しい思いをさせるわけにもいきません。

そう思うのは当然のことです。



そんな自分もかつてはそうでしたので、その気持ちは本当によくわかります。



ですがもしここに、

わずか103万円の資金を元手に飲食店を開業し、極小店舗で行列のできる繁盛店を作り、年商1億円を稼ぎだした永野式飲食店経営・開業のプログラムがあるとしたら、あなたも試してみたいと思いませんか?





それも

席数わずか34席、人口1万人程度の町でも年商1億円を稼ぐことは可能だとしたら

あなたも試してみたいと思いませんか?





今からこの手紙を通して、あなたに私の人生を劇的に変えた飲食店経営開業プログラムのすべてをお話させていただきます。



まずはわたしをご存じない方もいらっしゃると思いますので、開業から2年目の平成7年7月には、テレビ東京の火曜ゴールデンワイド『28兆円!胃袋争奪戦・外食産業の舞台裏』という番組で特集されました。

その時の映像を短くまとめてみましたのでご覧ください。





















































このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

















いかがでしたか?



当時経験した失敗と、そこで培ってきた成功の両方の要素を取り入れた永野式プログラムが、飲食店経営・開業に悩む一人でも多くの方に活用していただき、今まで以上に幸せな人生を歩み始めてくれれば、私にとってそれ以上の幸せはありません。



早速、あなたに永野式飲食店経営・開業マニュアルのお話をしていきますが、その前にまずは私が飲食店経営を始め、飲食店再生を扱う現在に至る経緯を少しだけあなたにお話しさせていただければと思います。











自分には何か別な才能があるんじゃないかと思い、突然思い立って早期退職したのは46才の時でした。

23年間勤めた外資系の会社を妻・家族の反対を押し切って退職しました。

この先やることも何も決めないまま退職したのです。





退職して何をやろうか・・・と悩んでいた時、偶然にも大手FC店チェーンに出会いました。

試食だけして「よしこれだ!」と奮起し即断即決、加盟店契約を結びました。





妻をはじめ家族は猛反対し、毎日家族会議を開きました。

「うまくいくわけがない!」と言い張る妻に、FC店本部の担当者は「こちらでも手取り足取りサポートしますのでご安心ください。」と説得、結局妻は首を縦に振るしかなかったのです。



やっとの思いで家族の同意をもらい、夢だった飲食店開店に向けて準備を始めました。



わたしはこれで人生のスタートラインに立った気持ちでいっぱいでした。





ラーメンどころか飲食店のノウハウがあるわけでもなく、まったくのど素人でしたからFC店本部に言われるまま、銀行から1800万円という多額の融資を受けて大手ショッピングセンターに1号店を開店しました。

わたしが47才の時でした。



FC店と契約してからわずか3ヶ月で念願だった夢の飲食店をオープンさせたのです。



夢のように本当に楽しい毎日でした。

毎日本当に忙しかったんですが、スタッフと一緒になって働き、お金を自分の手で稼ぐ楽しさを味わいました。





忙しくても“仕事のやりがい”があるのです。

それはもうお金には替えられないものだと感じました。



ただの会社員で一生を過ごすと、絶対に味わうことのない気持ちだったと思います。



「仕事が楽しい」なんて、会社員だとあまり感じないものですが、お店を経営することによって本当なら味わえなかったものを経験できたのです。さらに飲食店の場合、毎日お客様が来ます。





「おいしかったよ、大将!」

「ごちそうさん、また来るよ。」





毎日そんなうれしい言葉をかけてもらうことができるのです。

自分は本当に幸せだなぁと思いました。



そんな楽しい毎日であっという間に開店から1年が過ぎました。











これが放送された翌日からは、テレビを見た人が行列になっていたのです。

行列ができると、不思議と人はその後ろに並びたくなってしまいます(笑)

行列が行列を呼んだのです。

結局、放送以後の客数は平日が2倍、日祭日は3倍ほどになりました。



テレビでは並みいる大手ファミレスチェーンと肩を並べて出演していたので、私はすっかり上場企業の社長のような気持ちになっていたのです。





それが間違っていると誰も否定しないまま大物気分になっていました。

蛙の子は蛙と言いますが、そんなことはないと思い込んでいました・・・完全に(笑)





毎日行列ができるわけですから、売上もすごいものでした。



どのくらいすごいかと言いますと

食材の仕入れは間に合わず、手提げ金庫に入りきれないほどの売上が連日続いたのです。

毎日こうなってくると、お金かモノかわからなくなってくるのです。

それが正直な気持ちでした・・・。



それからまもなくして2号店を出店しました。

2号店出店の際にはさらに銀行から2000万円の借り入れをしました。

すぐに返せる、こんな借金!

そう思ってました。











大手コンビニチェーンが弁当の値下げがダメだというFC店契約の排除命令が出たというニュースをあなたもご覧になったと思います。

そう、FC店は本部と加盟店という関係が存在し、時々本部が味方なのか敵なのかわからなくなる時があるのです。



わたしはFCのラーメン店で開業したわけですが、それがそもそもの失敗だったのです。







飲食店のことも、会社経営ということも何もかも素人でしたから、言われるがままになっていました。

気づいたら、それがイヤになってしまいました。

FC店経営の場合、自分が思っているようなことが勝手にできず、あくまで売上追求主義だったのです。

たしかにビジネスですから、売上が大切というのはわかります。

ですが、それが本当にお客様にいいものを提供するということにはなりません。



それが積もり積もってきて、私のイライラもピークに達しました。





わたしは全国のお客様からお礼の手紙やお電話、FAXまでたくさんいただきました。

それがとってもうれしかったんです。

その時初めて気づきました・・・利益追求だけじゃダメだということに気づいたんです。



お礼を言われてナンボ!、感謝されてナンボ!

これが商売の鉄則だったんだなとわかりました。



この気持ちが絶対に必要なんですよ。







結局わたしはFC店本部との意見の食い違いに我慢も限界でした・・・。



FC店契約の期間満了である10年目を迎えたことをきっかけにラーメン店2店とも閉め、第一線から退くことにしました。



本部との意見の食い違いや方針などの矛盾などに、もう限界だったのです。













不思議なもので、商売(起業)したいと思ってる人の80%以上が「何を売ったらいいのか分からない?売るものが見つからないと」言ってるのです。

自分には秀でた才能もないし、これといった資格も特にない。

でも何かやりたい・・・そんな気持ちで毎日を過ごしています。





「それだったら起業なんてムリですよ」と言いたい(笑)



ですが、何かやりたいと思っているあなたが抱えてる悩みだとすると、ほっとけません。

なぜって、そのままなら何年も悩み続ける可能性があるからです。

そして気づいたら起業という夢に向かう気持ちも冷め、年齢的にも厳しいということになってしまいます。





また起業(経営)には体力も気力も必要です。

短期間に色々やることがあり、書類やら手続きやらやることがたくさんあります。

だからこそ1才でも若いうちに起業するべきだと思うんです。



万が一、失敗しても若いうちであればやり直せますよね。

また会社員にだって戻れるわけです。

イヤになったら辞めてなんでも出来るわけですから、もしも「飲食店経営」があなたの夢であるなら1才でも若いうちに行動されることをおすすめします。





ですが・・・







驚きの数字ですが、本当です。

TVに出ているような有名繁盛店でも、意外と寿命は短いものなんです。

一時的にTVに出たとか、雑誌に出たということだけで、それがいつまで継続すると思いますか?



雑誌に載っているから・・・と友達と行ってみたら「お店がない」なんて経験ありませんか?

それがこの平均寿命が真実だと語っています。

しかも、
???
リンク集
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。